アテンド通訳    英語翻訳  韓国語翻訳  中国語翻訳 | 料金表 | お見積り | スタッフ登録 |
無料オンライン見積り メールでお問合せ オンライン見積り
アテンド通訳TOP世界の国情報  

 
 

世界の国情報アジア > 東ティモール民主共和国



国名:
東ティモール民主共和国
The Democratic Republic of Timor-Leste

地域:

アジア
国際電話国番号: 670
言語: テトゥン語(国語)、ポルトガル語(国語)、インドネシア語(実用語)、英語(実用語)、その他多数の部族語
日本との時差: -1時間
人口: 約94.7万人(2005年)
面積: 約1万4,000平方キロメートル(首都4県(東京、千葉、埼玉、神奈川の合計面積)とほぼ同じ大きさ)
歴史/略史: 16世紀以前 リウライ(王)が割拠する王国乱立。
16世紀前半 ポルトガル、東ティモールに白檀を求めて来航、ティモール島を征服。
17世紀半ば オランダ、西ティモールを占領
1701年 ポルトガル、ティモール全島を領有
1859年 リスボン条約で、ポルトガルとオランダの間でそれぞれ東西ティモールを分割
1942年 日本軍、ティモール全島を占領
1945年 第2次世界大戦終了後、ポルトガルによる東ティモールの支配が復活(西ティモールはインドネシアの一部として独立)
1974年 ポルトガル本国でクーデターが発生し、植民地の維持を強く主張した旧政権の崩壊に伴い、東ティモールで独立の動きが強まる
1975年 独立派(フレテリン等)と反独立派の対立激化。フレテリンが東ティモールの独立を宣言した後、インドネシア軍が東ティモールに侵攻し制圧
1976年 インドネシア政府、東ティモールを第27番目の州として併合を宣言
1991年 11月、サンタクルス事件発生(インドネシア軍による独立派虐殺事件)
1992年 11月、インドネシアがシャナナ・グスマン司令官を逮捕(1999年に釈放)
1998年 5月、スハルト・インドネシア大統領が退陣、ハビビ副大統領が大統領 に就任。インドネシアは、東ティモールの独立容認へ方針転換
1999年 6月11日、国連安保理は国連東ティモール・ミッション(UNAMET)設立を決定する決議1246を採択
8月30日、独立についての直接投票実施
9月4日の結果発表直後から、独立反対派の破壊・暴力行為が急増し現地情勢は急激に悪化
9月15日、国連安保理は多国籍軍(INTERFET)の設立を認める決議1264を採択
10月20日、インドネシア国民協議会は東ティモールからの撤退を決定
10月25日、国連安保理は国連東ティモール暫定行政機構(UNTAET)の設立を決定する決議1272を採択
2000年 7月、東ティモール暫定政府(ETTA)発足
10月、国民評議会(National Council)発足
2001年 8月30日 憲法制定議会選挙実施
9月20日 東ティモール行政府(ETPA)発足
2002年 3月22日 憲法公布
4月14日 大統領選挙実施、シャナナ・グスマン氏が当選
5月17日 国連安保理による国連東ティモール支援団(UNMISET)の設立を決定する決議1410を採択
5月20日 東ティモール民主共和国独立
9月27日 国連加盟
2004年 12月、各県にてスコ(村)・アルディア(小村)選挙開始
2005年 4月28日 国連安保理は国連東ティモール事務所(UNOTIL)の設立を決定する決議1599を採択
2006年 4月28日 離脱兵による抗議活動に関連し暴力行為が発生し政府は軍を投入
5月初旬〜 憲兵隊員が国軍から離脱、国軍本部等を襲撃
5月25日 豪、ポルトガル、NZ、マレーシアは、東ティモール政府の要請を受け国際治安部隊を派遣
6月26日 アルカティリ首相辞任
7月10日 ラモス・ホルタ外相が首相就任
8月25日 UNOTIL任務終了。国連東ティモール統合ミッション(UNMIT)の設立を決定する決議1704を採択
2007年 2月26日 UNMITのマンデート延長を決定する決議1745を採択
4月9日 大統領選挙実施
5月9日 大統領選挙決選投票実施
5月20日 ラモス・ホルタ前首相が大統領就任
6月30日 国民議会選挙実施
その他: テトゥン族等大半がメラネシア系種族で、その他マレー系、中華系等
キリスト教99.1%(大半がカトリック)、イスラム教0.79%
▲Page Top

 

 


 
Copyright © 2007 アテンド通訳.COM All Rights Reserved.